Blog&column
ブログ・コラム

少年事件における国選弁護人と私選弁護人の違いとは?どっちがいいの?

query_builder 2020/12/15
コラム
administration-agreement-banking-blur
少年事件が起きた時に、国選弁護人と私選弁護人、どちらに弁護をしてもらうか選ばなければならない場合があります。

経済的な理由から選べない方もいらっしゃいますが、実際の所、どちらがいいのでしょうか。

今回は、少年事件における国選弁護人と私選弁護人の違いについてお伝えします。国選弁護人と私選弁護のどっちがいいの?と考えている方はこのまま読み進めて下さい。

▼少年事件での国選弁護人と私選弁護人の違いとは

少年事件においては、出来る事なら私選弁護人を選んで下さい。どの弁護士も得意分野が違いますし、熱意も違います。

少年事件の解決が得意な私選弁護人を選ぶのがいいでしょう。

▼国選弁護人と私選弁護人の違い

国選弁護人と私選弁護人は具体的にどう違うのでしょうか。

■国選弁護人

国選弁護人は国が選んだ弁護人です。少年事件に詳しくない方もいます。少年事件で弁護をしてもらうのにベストとは言えません。

■私選弁護

私選弁護人は自分で選ぶ弁護人です。少年事件に詳しい経験豊富な弁護士を選ぶ事が出来ます。

▼まとめ

今回は、少年事件における国選弁護人と私選弁護人の違いについてお伝えしました。一般的には私選弁護人の方がしっかり弁護をしてくれる可能性が高いと言わざるを得ません。

国選弁護人の中にもしっかりと仕事をしてくれる方はいますが、少年事件の場合は相性がとても大事です。

クレヨン法律事務所では、少年事件についての相談を初回無料で行っています。少年事件に詳しい弁護士が対応しますのでご連絡下さい。

NEW

  • リモートワーク

    query_builder 2020/10/15
  • 脱はんこ社会となるか

    query_builder 2020/10/11
  • 寄贈させていただきました

    query_builder 2020/10/09
  • コロナ離婚で気をつけたいこと

    query_builder 2020/10/01
  • 交通事故におけるトラブルとは?

    query_builder 2020/08/19

CATEGORY

ARCHIVE