Blog&column
ブログ・コラム

少年事件の意見書とは?裁判官に少年の印象を伝える大切な文書

query_builder 2021/01/08
コラム
williamsburg-united-states-book-paper
少年事件の意見書をご存知でしょうか。あまり耳馴染みの無い方もいらっしゃるかもしれませんが、裁判をする際に、裁判官が参考にする意見書です。

今回は、少年事件の意見書についてお伝えします。意見書は、裁判官に少年の印象を伝える大切な文書となるので、どのようなものなのか知りたいという場合はこのまま読み進めて下さい。

▼少年事件の意見書の重要性

裁判官は少年の全てを見て判決を出すわけではありません。関わる期間が極端に短いので、情報でしか判断出来ません。目に見えにくい情報を伝えられるのが意見書の重要な部分です。

▼少年事件の意見書とはどういうもの?

少年事件の意見書がどういうものなのかについて下記にまとめました。

■少年の見えない部分を表現する

裁判官は、少年の情報を見て判断します。しかし、事件の内容や生活態度だけでは奥深くを見る事は出来ません。

少年事件の意見書は、そんな見えにくい部分を表現出来る文書です。

■どのように反省しているか詳しく書く

少年事件の意見書は、提出してもしなくても大丈夫なのですが、やはり丁寧に書いて提出するのがいいのではないでしょうか。

特に、どれだけ反省したかを書く事は、心象を大きく変えます。

▼まとめ

今回は、少年事件の意見書についてお伝えしました。少年事件の意見書次第で、大きく少年の印象が変わる事もあるでしょう。丁寧に書くことで少年の心象は良くなります。

クレヨン法律事務所では、少年事件に詳しい弁護士が初回無料で相談に乗っています。ご連絡お待ちしております。

NEW

  • リモートワーク

    query_builder 2020/10/15
  • 脱はんこ社会となるか

    query_builder 2020/10/11
  • 寄贈させていただきました

    query_builder 2020/10/09
  • コロナ離婚で気をつけたいこと

    query_builder 2020/10/01
  • 交通事故におけるトラブルとは?

    query_builder 2020/08/19

CATEGORY

ARCHIVE