Blog&column
ブログ・コラム

離婚調停は時間がかかる?

query_builder 2021/09/01
コラム
various-clock-clocks-time
離婚調停は、お互いの話し合いをスムーズに進めることができる仕組みとして有名です。
ただ、実際に行うと時間がかかると言われることがあります。
では、実際の離婚調停ではどれだけの時間がかかるのでしょうか?

▼概ね3ヶ月以内で終了することが多い
離婚調停は、申し出た後に離婚調停が行われて、大体2回の調停が行われて合意に至るケースが多いです。
調停期日から次回の調停期日までの間として、約1ヶ月程度期間を空いてしまうことで概ね3ヶ月以内で終了する場合が多いです。
但し、実際には1年以上掛かるケースもあるので、一概には言えません。

離婚調停が長引く原因は?
離婚調停が長引くケースとしては、財産分与でもめる場合があります。
どこまでを夫婦共有の財産にするかが特に揉めるポイントであり、離婚調停でもなかなか決着しないのが実情です。
他にも、慰謝料で長期化するケースも多いです。
浮気が原因で離婚する場合、浮気した側に対し慰謝料を請求することが多いのですが、もし夫婦間で性交に応じないという理由で慰謝料を拒否する場合もあるのです。
非常にデリケートな内容であるために、なかなか結論が出せずにズルズルと長引く傾向があります。
他にも、養育費の内容でこじれてしまう事によって離婚調停が長引くこともあったりと、様々な要因が複雑に絡む場合もあります。

▼まとめ
離婚調停は、なるべくスムーズに進めたいものですがそうもいかない場合があります。
周囲のサポートを受けつつ、なるべくスムーズに進めるようにしましょう。

NEW

  • リモートワーク

    query_builder 2020/10/15
  • 脱はんこ社会となるか

    query_builder 2020/10/11
  • 寄贈させていただきました

    query_builder 2020/10/09
  • コロナ離婚で気をつけたいこと

    query_builder 2020/10/01
  • 交通事故死が発生した後の流れ

    query_builder 2020/08/19

CATEGORY

ARCHIVE