Blog&column
ブログ・コラム

交通事故における後遺障害について

query_builder 2021/11/05
コラム
wheelchair-disability-injured-disabled
交通事故に遭うと、場合によっては命を奪われてしまう事があります。
また、幸いにも命は救われても後遺障害が残ってしまう事があるのでとても怖いですよね。
では、交通事故における後遺障害とは一体どのようなものを指すのでしょうか?
ここでは、後遺障害について解説します。

後遺障害には分類がある
後遺障害とひとくくりになっていますが、実は分類が明確に決まっています。
主な分類は、以下があります。

■むち打ち
むち打ちは、比較的軽度に感じる後遺障害と思われています。
ただ、長期に渡って治らずに後遺障害と認定されることがあります。

■低髄液圧症候群
低髄液圧症候群は、むち打ちとセットになることもある症状です。
起立性の頭痛やふらつき、全身倦怠感などの症状が発生します。

■高次脳機能障害
高次脳機能障害とは、人間の脳が信号を送ることで当たり前のように行える、話す、覚える、論理的に考える能力が欠落する症状です。

■外貌醜状
頭部や顔面部、頸部などに明らかに傷跡が残る症状です。

■上肢機能障害
上肢部分の肩関節や肘関節、手関節のいずれかに動作制限があったり全く動かなくなる症状です。

■下肢機能障害
下肢部分の股関節、ひざ関節、足関節のいずれかに動作制限があったり全く動かなくなる症状です。

▼等級によって保険料が変わる
後遺障害は、症状が最も重いものを1級、最も重いものを14級として14段階で分類されます。

▼まとめ
後遺障害は、各等級によって、保険金の金額が異なることになるので、適切な等級に分類されることが重要です。
もし後遺障害でお悩みの方は、弁護士相談するのも有効的ですよ。

NEW

  • リモートワーク

    query_builder 2020/10/15
  • 脱はんこ社会となるか

    query_builder 2020/10/11
  • 寄贈させていただきました

    query_builder 2020/10/09
  • コロナ離婚で気をつけたいこと

    query_builder 2020/10/01
  • 交通事故における賠償額は?

    query_builder 2020/08/19

CATEGORY

ARCHIVE